プリント配線基板を発注する際にはデータのファイル形式に注意!

今や、インターネットを使ってプリント配線基板を手軽に注文できるようになりました。プリント配線基板を発注する際には、いくつか重要なポイントがあります。こちらでは、プリント配線基板を発注する際のポイントをご紹介します。

注文時のデータについて

注文時のデータについて

プリント配線基板を発注する際には、「基板製造用データ:Garber data」「製造依頼指示書」「基板仕様書」が必要です。

回路図を回路図エディタで作成している場合は、パソコンで読み取れない場合がありますので、どのパソコンでも確認することができるPDFファイルをご用意ください。

筐体内に収める場合は、基板外形図が必要です。基板外形図も回路図と同様に、CADのソースデータだとパソコンで読み取れないことがありますので、DXF形式かPDFファイルをご用意してください。部品表もCADソースデータではなく、ExcelかPDFデータをご用意いただくとスムーズに進めることができます。

株式会社ウイルの製造実力値と製品概要

株式会社ウイルの製造実力値と製品概要

製造実力値

  • 【生産基板】1~48LAYERS
  • 【板厚】0.10mm~3.2mm
  • 【最小L/S】0.075mm(3mil)
  • 【最小穴径】0.10mm(4mil)
  • 【アスペクト比率】10:1
  • 【インピーダンス】±7.5%
  • 【BVH】レーザードリル
  • 【表面処理】無電解金メッキ、プリフラックス、無電解錫メッキ、PB Free レベラー

製品概要

  • 片面基板
  • 両面貫通基板
  • 4層基板
  • 6層基板
  • 8層基板
  • ビルドアップ基板
  • 3-4-3スタックアップビルド基板
  • 2段スタックアップ基板
  • 6層リジッドフレックス基板
  • 14層リジッドフレックス基板
  • ICタグカード基板
  • COB基板
  • メタルコア基板
  • 片面FPC基板

株式会社ウイルは、プリント配線基板の製造販売メーカーです。多品種に対応しており、短納期を強みに高品質な製品を提供しています。

迅速・品質・コストにこだわる株式会社ウイルは、海外工場を利用した競争力のある会社です。短納期はもちろん、小ロット製造も可能ですので、お気軽にご依頼ください。

株式会社ウイルは、お客様に満足していただける製品を提供できるよう、親切丁寧なサービスを心がけています。プリント配線基板の製造を依頼する際は、ぜひお任せください。短納期を実現します。

短納期を実現!プリント配線基板なら株式会社ウイルへ

会社名 株式会社 ウイル
住所 〒561-0885 大阪府豊中市岡町3−6 アソルティ豊中岡町ビル
設立 1982年12月20日
電話 06-6857-2270
FAX 06-6857-2205
代表取締役 山本 吉彦
取引銀行

三菱東京UFJ銀行 豊中支店

当座:0315708

従業員

営業:4名(日本)8名(Taiwan)

業務:4名(日本)16名(Taiwan)

品質:13名 製造:1012名(Taiwan)

開発・設計:25名 検査:123名

WebSite

https://will-galaxy.net(株式会社ウイル)

http://www.wttwill.com/(ウイル台湾TEC)

データ転送 willdata@will-jp.com(株式会社ウイル)
データ転送 datastock@will-jp.com(ウイル台湾TEC)
キャパシティ生産能力(海外) 月産 250,000㎡
標準試作納期(海外)

2L~4L(3日)

6L~8L(5日)

10L~36L(8日)

PAGE TOP