フレキシブル基板とリジッド基板は特徴や使用用途に違いがある!

電子機器の部品として欠かせないプリント配線基板には、フレキシブル基板やリジッド基板があります。両者の違いを知っておくと、プリント配線基板に対する理解が深まります。プリント配線基板の小ロット製造などに対応する株式会社ウイルが、フレキシブル基板とリジッド基板の特徴や違いをご紹介します。

フレキシブル基板の特徴

フレキシブル基板の特徴

フレキシブル基板は薄くて柔らかい基板であり、折り曲げても電気特性が変わらないことが特徴です。この特徴を活かして、一眼レフカメラやスマートフォン、液晶モニターなど、様々な家電製品やOA機器に使われています。

片面構造や両面構造、その他の構造があり、用途に応じて適切な構造を選択できます。例えば狭い場所や可動が多い場所には片面構造、優れた機能性を発揮したい場合は両面構造が適しています。

リジッド基板の特徴

リジッド基板の特徴

リジッド基板はフレキシブル基板と比べて厚みと硬さを持っており、強度が高いことが特徴です。硬質基板とも呼ばれています。強度の高さを活かして、各種電子部品の搭載を目的に使用されます。

また、ソルダーマスクを印刷することで回路の表面を保護できるため、製造コストを抑えられます。リジッド基板の構造には、片側基板や両面貫通基板、多層貫通基板があります。

フレキシブル基板とリジッド基板の違い

同じような工程で製造されるフレキシブル基板とリジッド基板には、いくつか違いがあります。

例えば回路表面の保護方法だと、リジッド基板はソルダーマスクによる保護であり、フレキシブル基板はカバーレイというプラスチックフィルムをラミネートすることで回路表面を保護します。

さらに使用用途も大きく異なり、リジッド基板は電子部品の搭載と配線が主な目的であるのに対し、フレキシブル基板はケーブルとしての使用が主な目的になります。

汎用性の高いプリント配線基板は電子機器を開発する上で重要なパーツです。株式会社ウイルでは、お客様のニーズに応じたプリント配線基板の製造を行っております。

海外工場を利用することで、競争力のあるコスト対応や生産能力を実現しています。また、小ロット製造や短納期にも対応可能です。プリント配線基板の小ロット製造や実装などをご希望の際は、株式会社ウイルまでお問い合わせください。

プリント配線基板の小ロット製造をお考えなら株式会社ウイル

会社名 株式会社 ウイル
住所 〒561-0885 大阪府豊中市岡町3−6 アソルティ豊中岡町ビル
設立 1982年12月20日
電話 06-6857-2270
FAX 06-6857-2205
代表取締役 山本 吉彦
取引銀行

三菱東京UFJ銀行 豊中支店

当座:0315708

従業員

営業:4名(日本)8名(Taiwan)

業務:4名(日本)16名(Taiwan)

品質:13名 製造:1012名(Taiwan)

開発・設計:25名 検査:123名

WebSite

https://will-galaxy.net(株式会社ウイル)

http://www.wttwill.com/(ウイル台湾TEC)

データ転送 willdata@will-jp.com(株式会社ウイル)
データ転送 datastock@will-jp.com(ウイル台湾TEC)
キャパシティ生産能力(海外) 月産 250,000㎡
標準試作納期(海外)

2L~4L(3日)

6L~8L(5日)

10L~36L(8日)

PAGE TOP