試作と量産は同じ工場で

試作を繰り返すことで、性能をフルに発揮できるプリント配線基板を量産できます。プリント配線基板の試作を依頼するメリットや、株式会社ウイルの試作についてご紹介します。

プリント配線基板の試作を依頼するメリット

プリント配線基板の試作を依頼するメリット

ニーズに合った基板に仕上がる

量産前に試作を依頼することで、想定通りの性能を発揮するかどうかをテストできます。試作を繰り返す中で新たな構造や方式なども検討でき、よりニーズに沿ったプリント配線基板を製造できます。

事前に問題点を把握できる

問題点を把握できることも試作を依頼するメリットです。試作の過程を省略していきなりプリント配線基板を量産すると、問題点に気づかず大量の不良品が出るおそれがあります。事前に発見した問題点を修正しておけば、次回以降の試作に反映することが可能です。完璧な試作品が完成すると、安心して量産体制に移行できます。

コスト面の課題が明らかになる

試作は技術面だけでなく、コスト面での課題も明らかにできます。不要なコストなどの削減が図れます。プリント配線基板の試作は、メーカーによって期間や料金などが異なります。そのため、コストを抑えて試作品を製作したい、小ロット製造に対応するメーカーに依頼したいなど、要望に応じたメーカーの選定が必要です。

株式会社ウイルの試作について

株式会社ウイルの試作について

株式会社ウイルでは、プリント配線基板の試作依頼を承っています。シンプルな片面基板から高密度多層基板、COBやSMTなどの難易度が高いプリント配線基板まで、あらゆる種類の試作に対応できることが強みです。

株式会社ウイルは打ち合わせの段階から紳士的な対応を心がけており、ご要望も試作に反映いたします。徹底的に性能の確認を行っており、完成度の高い試作品が完成します。

試作の段階から妥協しないことで、より優れたプリント配線基板を量産できます。

プリント配線基板の製造をご検討の際は、株式会社ウイルにお任せください。お客様のご要望に合わせて柔軟な対応を心がけており、スピーディーなプリント配線基板の試作・量産が可能です。

プリント配線基板の試作・製造は株式会社ウイルへ

会社名 株式会社 ウイル
住所 〒561-0885 大阪府豊中市岡町3−6 アソルティ豊中岡町ビル
設立 1982年12月20日
電話 06-6857-2270
FAX 06-6857-2205
代表取締役 山本 吉彦
取引銀行

三菱東京UFJ銀行 豊中支店

当座:0315708

従業員

営業:4名(日本)8名(Taiwan)

業務:4名(日本)16名(Taiwan)

品質:13名 製造:1012名(Taiwan)

開発・設計:25名 検査:123名

WebSite

https://will-galaxy.net(株式会社ウイル)

http://www.wttwill.com/(ウイル台湾TEC)

データ転送 willdata@will-jp.com(株式会社ウイル)
データ転送 datastock@will-jp.com(ウイル台湾TEC)
キャパシティ生産能力(海外) 月産 250,000㎡
標準試作納期(海外)

2L~4L(3日)

6L~8L(5日)

10L~36L(8日)

PAGE TOP