プリント配線基板の製造を依頼したい!ポイントを押さえて適切な業者選び

プリント配線基板の品質は、製造に対応する業者によって差が生じるケースも少なくありません。しっかりと要望を反映する業者を探している、料金の安いサービスを利用したいなど、ニーズに沿ったプリント配線基板を製造する場合、業者選びが重要になります。ここでは、業者選びのポイントをご紹介します。

技術力の高さや設備の充実性

プリント配線基板の品質は業者の技術力をはじめ、使用する設備などで左右されます。

例えば正確な接合技術が求められる部品実装には、豊富な経験と知識が必要です。そのため、長年の知識・経験を活かして、優れた技術力を発揮する業者に依頼することをおすすめします。

株式会社ウイルは30年以上の歴史を持つメーカーです。豊富な経験に裏付けされた優れた技術力を有しており、清潔な環境や高品質材料の使用にこだわってプリント配線基板を製造いたします。

品質・納期・価格の要望に応える

品質・納期・価格の要望に応える

プリント配線基板の迅速な調達が必要な場合、短納期に対応しているかどうかがチェックポイントです。急ぎの依頼に対しても高品質なプリント配線基板が製造でき、またコストダウンの要望に応える業者を選びましょう。

株式会社ウイルは高品質材料を用いたプリント配線基板の製造が可能です。品質の高さを維持しながら、短納期やコストダウンなどの要望にもしっかりと対応いたします。

要望に対する迅速な行動とコミュニケーション能力

要望に対する迅速な行動とコミュニケーション能力

打ち合わせ時に仕様の変更があった場合もスピーディーに対応可能なら、納期の遅れなども回避できます。また、要望をきちんと引き出すコミュニケーション能力の有無も確認したいポイントといえます。

株式会社ウイルは、日本サイドと台湾工場とのコミュニケーションにおいて、情報の共有化を徹底しております。問題が起こった場合でも、全員周知するシステムを設けており、お客様のご要望・クレームにも最短で対応するようになっております。

株式会社ウイルは少数精鋭の組織であることが強みで、お客様の要望を実現するために尽力いたします。短納期や小ロット、コストダウンなど、お客様の要望に臨機応変に対応可能です。

株式会社ウイルは長年の経験と確かな技術力をもとに、プリント配線基板の製造を行っています。高品質なプリント配線基板を小ロットからご依頼いただけます。お見積もりのご依頼もお気軽にお問い合わせください。

プリント配線基板の試作・製造は株式会社ウイルへ

会社名 株式会社 ウイル
住所 〒561-0885 大阪府豊中市岡町3−6 アソルティ豊中岡町ビル
設立 1982年12月20日
電話 06-6857-2270
FAX 06-6857-2205
代表取締役 山本 吉彦
取引銀行

三菱東京UFJ銀行 豊中支店

当座:0315708

従業員

営業:4名(日本)8名(Taiwan)

業務:4名(日本)16名(Taiwan)

品質:13名 製造:1012名(Taiwan)

開発・設計:25名 検査:123名

WebSite

https://will-galaxy.net(株式会社ウイル)

http://www.wttwill.com/(ウイル台湾TEC)

データ転送 willdata@will-jp.com(株式会社ウイル)
データ転送 datastock@will-jp.com(ウイル台湾TEC)
キャパシティ生産能力(海外) 月産 250,000㎡
標準試作納期(海外)

2L~4L(3日)

6L~8L(5日)

10L~36L(8日)

PAGE TOP